夢 : 牛と暗号解読

 二日続けてみた夢を、起きた時にも鮮明に記憶しているんだよ。

 とってもかわいい目をした黒々と光り輝いている牛と散歩している自分がいたんだ。
まわりの人達はその牛が怖くて誰も近寄ろうとしないんだけれど、
羨ましそうにしているんだ。 ちょっと、得意げになっている自分がいたんだ。

 次の日は、暗号解読をしている自分がいたんだ。 ただそれだけ。

 さて、この夢のキーワード「牛と暗号解読」の関連性を考察してみようかな。
それはすべてが、異常気象が世界で猛威をふるっているのと深い関係があるんだ。
暖冬・干ばつ・洪水と、地球温暖化の影響が重なって起きている。
 複雑に絡みあう自然現象を解き明かすのは、一種の暗号解読の回路と同じ
思考が必要なのだけれど、その回路を牛の歩む速さで解き進むことを示唆しているんだ。
地球を救うのはこの自分なのだろうか。 重いな。

[PR]
# by nijinokanata8 | 2007-02-14 21:43 |

集中力欠乏症状多発


この二三日で、

 ①公園の駐車場にメリーのウンチを置き忘れる。
 ②メリーのゴングをどこかに無くしてしまった。
 ③アパートのIHのスイッチを消し忘れてプライパンを焦がしそうになった。
 ④ヘッドホンのゴムパッキンを落としていまい無くした。(次の日に社内構内で見つけた)
 ⑤携帯をいじりまわしていたらロックしてしまい使えなくなった。

 どうしてしまったのだろう。
[PR]
# by nijinokanata8 | 2006-11-29 23:12 | 日常生活:鬱

その1-1 : 神への冒涜からはじまる。

  
 聞こえるのです。 「許すべきではないと」
 神の声が。 いや、悪魔の囁きかも。 今は区別ができない。
 まだ、行動を抑えることができている。 でもいつまでできるのか。
 日に日に、声が大きくなってなってきているのです。
[PR]
# by nijinokanata8 | 2006-11-20 23:45 | 幻想世界の窓から

他人の感情

 他人が、自分の存在を疎ましく思っているのがひしひしと感じとれる。 自己存在を脅威と感じさせてしまうことを避けたいのだが、なぜそんなに気にさせてしまうのだろうか。 能力がなく、敵対する存在でないようにしているつもりなのに。
 言ってやりたい。 君の将来に影響を与える存在じゃないんだよ。 そんなに、気にしなくてもいいんだよ。 
 ほんわかな存在って、難しいのかな。 
[PR]
# by nijinokanata8 | 2006-11-20 23:25 | 日常生活:鬱

日常生活:ぬり絵でアートセラピー

 色がぬられた「外に向かうドア」の8枚の絵の中から、仕事に出かけるときに開けるドアはどれでしょうか? 選んだドアは、白いドアでした。 その結果は、

『高い美意識の持ち主であるあなたは、仕事の面でもつねに明確なヴィジョンをもっています。完成度や結果がすべてであって、プロセスには重きを置かない傾向も見られます。その潔さは魅力でもありますが、厳格なあまり自分で自分を追いつめてしまうことも……。もう少し、曖昧さやファジーな感覚を受け入れ、心のキャパを広げては?』
[PR]
# by nijinokanata8 | 2006-10-12 11:52 | 日常生活:平常

日常生活:行動分析

 行動が感情に支配されています。 
以前は行動によって感情を支配していたようですが。 
現状の状況を全て他人のせいにしている自分が居ます。
[PR]
# by nijinokanata8 | 2006-09-27 11:48 | 日常生活:鬱

日常生活:バトル

 命懸けで捨て身の相手からの挑戦に対しては、こちらも命がけで臨まなければ。 なぜに挑戦してくるのか、ときには集団で、ときには不意打ちに。 彼らの目的はただ一つ、子孫繁栄だけである。 何も疑いを持たず、本能で行動に移す。 三次元を自由に移動できる能力を十分に活用して。

 本日のバトルの結果は、3勝2敗2引き分けでかろうじて勝利を収めた。 数字の上では勝ち越しであるが、彼らとしては2敗(2匹)だけで大勝利なのだろう。 この勝利した2匹が、数百匹と増殖するのだから。 こちらの損害は、4箇所で約10ミリグラムの損失と痒み。 そしてひょっとしたら恐ろしい伝染病の病原体を植えつけられたかもという不安感を抱かせられた。

 でもそろそろ、バトルの季節も終わりが近づいてきた。 今季もたぶんトータルで百匹以上を直接この手で死に追いやっただろう。 だが50箇所以上は刺されたにちがいない。 このバトルは永遠に続くだろう。 憎き『蚊』よ。 お前達は『蠅』のようには命乞いなどせず潔い死にざまをみせてくれる。 引き分け時のあの赤い血で膨らませたお腹をみると愛おしくさえ感じるのはなぜなのだろうか。
[PR]
# by nijinokanata8 | 2006-09-18 14:05 | 日常生活:平常

日常生活:物忘れ

 歳のせいにする物忘れに対して、最近出合った情報。 【脳というものは日常的な当たり前のことは自動的に処理して、覚えないようにできている】 とても勇気付けられる情報でしょう。 繰り返されるふだんの日常生活行動は、脳が覚えていなくても体が覚えてくれているという事かな? だからといって、このつねひごろの生活が大切なのに、物忘れによる失敗を避ける事は致し方ないのかな?

 試行錯誤のマイアイデアをご披露しましょう。 携帯電話のスケジュールに、日常生活で実施しなくてはいけない事項を箇条書きに書き出しておき、本日実施する事項を前日にチェックする。 現時点での実施事項は、会社では11項目でアパートでは12項目である。 アパートでの実施した事はカレンダーに記録する。 これ、なかなか忘れ防止に効果ありですよ。 精神的にも安心感があり、こころのゆとりも得られます。 

 今の課題は、詳細な物忘れ(換気扇の消し忘れなど)の失敗を防ぐ為には五感をフルに活用すべきと考えているのですが、この五感のセンサー感度をどう鍛えるか。 例えば、換気扇の音を生活雑音のなかから聞き分けられる聴覚に鍛える。 または、喚起による室内の臭いの変化を嗅ぎわける嗅覚に鍛える。 などなど、無意識感覚増強方法。 良いアイデアが浮かんだら、報告しますので期待して待っていてくださいね。 これってもしかしたら、第六感を働かすことになるのかな。
[PR]
# by nijinokanata8 | 2006-09-12 13:16 | 日常生活:平常

日常生活:エスカレーター

 駅やデパートで混雑しているときに乗るエスカレーター。 乗り方にもいろいろな個性があり観ていると面白い。 さて、私はかならず左側に立ち、暗黙の了解なのか急いでいる人のためにいくら混雑しているにもかかわらず右側を空けるルールに従う。 あともう一つ自己ルールがある。 前の人との間を一段ではなく二段、空けて乗る。 なぜかって、ただ見知らぬ人とお近付きになりたくないだけ。 でもこれが困ったことに、私の後ろか乗る人がそれも約半数の人が、混雑エスカレーターに乗る一定のリズムで足を乗せているようで、タイミングがずれるのか私のすぐ後ろの段に乗り込んでしまう。 一般的ルールでは、一段空けるみたいである。

 ということは、世間一般のリズムを狂わせているのは自分であり、結局見知らぬ人と背後であるがお近付きになってしまう。 暗黙の社会ルールに反した行動をとると、なぜ人々はあれほどまでに冷ややかな目線を浴びせるのだろうか。 私も時々無言の抗議を目で訴えることもあるが、浴びせられることもある。 どちらにしても気分悪いことだよね。 暗黙の社会ルールとはいったいどうやって出来上がっていくんだろうね。

 ある時、テレビでエスカレーターの設計者が言っていました。 片側に加重がかかると寿命が短くなるので、バランスよく左右に乗って欲しいのにと。 さらに駅での駆け込み乗車を助長しているのではないかと。 同感です。 でも、実行に移す勇気は私にはありません。 世間の冷たい目線には耐えられそうにありませんから。 これからも左側に乗り続けるけれど、2段空けることはやめないつもりです。
[PR]
# by nijinokanata8 | 2006-09-11 10:16 | 日常生活:平常

日常生活:不思議な体験

 どこかに落としてして無くしてしまった、いやおもっていた『おまもり』が、バックの奥から偶然でてきた。 どこかにいってしまったと我が妻に言ったら、「おまもりをなくすなんて罰があたるから」と。 それいらいずっときになっていた。 なぜかすごく安堵した。 でも不思議です。 あれだけ無いと気づいたとき、まちがいなくバックの中も探していたのに。

 今日はもう一件、不思議なことが起こりました。 狭い歩道を我が物顔に自転車に乗って向かってくる青年に、こころのなかで「危ないから自転車から降りろよ。 さもないとおまえがけがするぞ。」と思った瞬間、みごとに前輪が急に横を向き転倒した。 どう考えても前輪が急に垂直に向きを変える状況じゃないのに。 乗っていた青年も予期せぬ突然の転倒で、路上に投げ飛ばされ、何が起きたのかわからない呆気にとられた顔をしていた。 まわりの人達も不思議そうにみていた。

 今日は予期もしていない事と、こころで予期した事が起こる経験をした。 あらかじめ期待や覚悟に対して、その予期した事が現実に起これば特に驚きもせず嘆きも少なくてすむだろうに。
[PR]
# by nijinokanata8 | 2006-09-08 16:17 | 日常生活:平常